ビルメン業界のプラットフォームnano+

清掃業界のプラットフォーム「nano+」
最幸の現場体験を皆様に

経営者目線と株主(オーナー)目線

大企業になると経営者と株主は別であることは多いですが、中小企業の場合、経営者=株主の場合がほとんどと思われます。

法人なら、代表取締役=株主
個人事業なら、代表者=事業主
ちょっと見方を変えてお店であれば、オーナー=店長
ということが一般的だと思われます。

つまり所有者と業務執行者が一緒になっていて、1人の人が両方の仕事を行っているわけです。
本来経営者は株主に雇われるものですが、自分自身が自分自身を選ぶということになっています。
「それって普通じゃん?」と言われそうですが、普通と思う感覚が普通ではないのです。

自分の会社だからと思う経営者は会社を私物化する傾向があります。
これは当然の考え方で、ワンオーナーの中小企業の特権とも言えます。
経費であれもこれも処理してたくさん役員報酬を取る。
もちろん自分自身のものですからそれもいいでしょう。
しかし株主から見てそういう経営者はどうでしょう?
株主の希望は株価を上げること、株式の配当金額を上げること。
つまり会社の価値を上げることですね。

短期的に見れば経費で色々やって節税する方が良いかもしれません。
しかし長期的に見ますと会社の価値を上げる方が、株主にとっても経営者にとっても良い方向に進みます。
成長しない会社はチャンスを掴むことはできません。
どういうことかというと、企業は大きくなればなる程取引を始める際に審査が厳しくなります。
成長しない会社は毎年利益が出ておらず、自己資本比率が低く、金融機関の評価も低くなるので、その審査に耐えることはできないのです。
また現在の日本の税制は、個人に厳しく、法人に優しい方向性になっていて、個人だと年金保険料もかなり高いものになるので、出た利益をストックするのであれば、法人にストックする方が効率が良いと言えます。
また個人の所得も社会保険料を払って所得税を払って役員報酬を受け取るより、で株式の配当の方がトータルで見ても所得税より安いですね。



判断基準を株主(オーナー)目線に
物事を判断するときに株主目線で判断するようになると経営は変わってきます。
つまり代表者としての自分は1人の労働者であると。。。
経営計画にしてもそうです。
代表者としての計画と、株主としての計画は大きく異なります。 
サッカー日本代表の本田選手の言った言葉でリトル本田が言ったからという言葉があります。
第3者目線で自分を俯瞰的に見れる視線を持つということですね。


目の前のことを見れば代表取締役としての目線でもいいでしょう。
しかし将来的な株主目線を持っておいた方が、後々事業は楽に展開できるのです。
2020年07月02日 10:00

nano+検索はこちらから