ビルメン業界のプラットフォームnano+

清掃業界のプラットフォーム「nano+」
最幸の現場体験を皆様に

力の使い方

F1DF63F8-9AD3-41B0-93D9-0F06B69CC389
↑の写真がどう関係あるかと言うと、この2Lの烏龍茶を上から持つのと下から持つのと、どちらが楽に持てるでしょうか?
このまま1分持っていればよく分かりますが、下から持つ方が手ではなく、腕で支えることができるので楽に持てますね。
つまりポリッシャーを持つ時は下から持つ方が疲れにくいといえます。
また力を入れずに持つことができるということは、力を抜いてポリッシャーを使うことができ、繊細な操作ができるようになります。

ポリッシャーを腕力でねじ伏せる人もいますが、ポリッシャーはその場から動かない中立の位置を保ったまま自分自身が移動して洗浄を行います。
こちらの動画でもご覧いただけます。
ポリッシャーが動くということはポリッシャーが傾いているということになり、平滑に当たっていないので洗えていないところがあるということになります。
なので、疲れない使い方は正しい洗い方といえます。



モップハンドルでも
ハンドルを握る人が多いですが、ハンドルの先のホルダーは床面に置かれた状態で、床面から浮かさずに使いますので握って持つ必要はなく、支えるだけで良いのです。
こちらの動画の4:08あたりに正しい使い方があります。
しかし握っている人はかなり多いもので、力が入りっぱなしになるので疲れやすくなりますね。
握ってモップを捌くとホルダーの向きが一定にならず、正しく扱えません。
特にワックスを塗る際に特に差が出ます。
ワックス塗布作業では、効率よく塗れるような塗り方でなければ、途中で疲れて塗布していくスピードは落ち、広い面積を塗ることはできません。



作業は力の使い方を変えるだけで大きく変わります。
その時その時では分かりませんが、1日、1週間と見ていくうちに疲労の蓄積は変わっていきます。
年齢と共に体力は落ちていきます。
いかに省エネで作業できるかは歳を追うごとに重要なことになっていきます。
2020年07月13日 10:00

コメント一覧

  • 【このコメントは承認待ちです】

    2020年07月15日 11:59
  • 【このコメントは承認待ちです】

    2020年07月15日 11:59

コメント投稿フォーム

投稿者名
タイトル
メールアドレス(非公開)
本文