ビルメン業界のプラットフォームnano+

清掃業界のプラットフォーム「nano+」
最幸の現場体験を皆様に

お問い合わせコーナー 洗浄でつやぼけ

日々、様々なお問合せを頂きますが、HPに記載にないものについてはあとで検索できるよう、通常のコラムの更新とは別で、お問い合わせコーナーとしてアップさせて頂くことにしました。
全てアップすると大変なことになるので、よくお問い合わせ頂く内容を簡単にご紹介します。



今日のお問い合わせは、

多機能還元水500倍と黄パッドで洗浄するとつやぼけする件について。

これが起こる現場は、元々洗浄する必要がないくらい光沢のある現場です。
・トレールモップでウェットダスターするだけ
・多機能還元水500倍を塗布してトレールモップで擦って回収するだけ
・多機能還元水500倍と白パッド(黄パッドより光沢が出る)
という選択肢があります。

精度の高い作業ができるようになると、100㎡ほどの狭い現場でも痛む部分と痛まない部分のゾーニングができるようになり、洗わなくていい部分も出てきます。
そうなると場所ごとに作業内容が変わってきます。
ポリッシャーで光沢復元洗浄したり、ワックスを塗る基準についてですが、

「やることによって今より綺麗になるか、他の業者が仕上げたレベルより高いかどうか、他の部分と比べて差が大きく出ないか」

これ、クレームをもらわない為の大前提です。
ウェットダスターでも埃や土砂が残りやすい隅や角は、水をまいて回収することで確実に除去できてすっきりします。
土砂や埃が多い場合(美容院で髪の毛が大量の場合など)は、洗う前にウェットダスターをかけずに、水をまいて手作業で回収します。
その際の回収には、スクイジーゴムを痛める原因になったり、最後に仕上げるマシンが、土砂や埃だらけになってしまうので、洗浄機やバキュームはお勧めしません。

手作業なんてとよく言われるのですが、事務所の中の洗浄ワックスにおいては、コードレスのウェットバキュームより手作業で回収した方がはるかに時間が短縮になります。という現場が先日ありました。
いちいちモールを乗り越えたり気にする必要がないですし、モールを乗り越えるたびに汚水が残ったりと、せまいこともあり非常に使いにくいのです。
毎日、自宅や事務所でペットボトルで水をまいて集めていき回収するという清掃方法をしていれば、自然と水を思う方向にコントロールできるようになります。


もし多機能還元水500倍と黄パッドでつやぼけしてしまった場合は、再度白パッドでゆっくり洗浄(ゆっくり洗うことで光沢の復元幅が増える)して様子を見て、それでもダメならSPPパッドで通常通り洗浄してUAフィニッシュLを塗ってください。
汚れがワックスの上に載ることで、光沢は無いように見えてしまいます。
しかし洗ってみると綺麗なことも多いのです。
広い現場なら、ウェットダスターと洗浄機の1パス洗浄で様子を見てから作業を決めてもいいと思います。
2020年06月24日 10:00

コメント一覧

  • 【このコメントは承認待ちです】

    2020年06月26日 05:27
  • 【このコメントは承認待ちです】

    2020年06月26日 05:27

コメント投稿フォーム

投稿者名
タイトル
メールアドレス(非公開)
本文