ビルメン業界のプラットフォームnano+

清掃業界のプラットフォーム「nano+」
最幸の現場体験を皆様に

続 菌とウイルス

除菌関係.001
前回ウイルスの話を全くしなかったので、今回は菌とウイルスの違いと現場管理における注意点についてです。
細かいところを説明してもわかりにくいので、ざっくりいきます。
こちらの感染症対策の動画にも説明がありますので、ご興味のある方はどうぞ.


・菌
汚れをエサとして増殖する
あちこちにいて、エサを求めてやってくる
エサがないと増殖できない
→エサになる汚れも確実に除去する必要があり、時間経過による増殖も考慮した時間軸での管理が必要

・ウイルス
自分に合った体温の動物の細胞に入り増殖する
それ以外では汚れなどがあっても増殖できない
動物の細胞にたどり着かなかったウイルスは時間経過により不活性化する


つまり菌の方が時間経過で増殖するので、管理が厳重なのです。
新型コロナウイルスは72時間で不活性化すると言われているので、72時間以上その建物を使わなければ消毒などは必要ありませんね。
時間が重要なので、本来病院の清掃業務であれば、それぞれの仕事を本当に1日1回の清掃でいいのか確認する必要がありますね。
使用するケミカルによっても違います。
↑の表は、HPトップにある多機能還元水の除菌データ。
清掃後24時間経過してどうなるかがポイントなのです。
100を超えるということは、清掃前より増えているということ。
つまり1日1回の清掃ではダメなのです。
このように感染経路になりうる部分については、拭き取り試験機で1日の清掃回数を決める必要があるのです。

多機能還元水だと、24時間で48%までしか戻らないのでかなり余力がありますね。
余力のあるもの=回数が減らせる→コスト面で有利になります。



除菌作業は不要?
病院の先生で、次亜水とかアルコールは使うなと言われる方もいらっしゃいます。
菌やウイルスを殺したり不活性化(ウイルスは生物ではないので)することにはリスクもあります。
耐性菌の発生やウイルスの変異を招いてしまいます。
耐性菌ができると、医療行為を行う際に消毒が必要な状況で消毒ができないということになりますから、正しい医療の知識を持たない者がやってはならないという考え方ですね。
本当にその通りなのです。
スプレーして拭き取るという中途半端な除菌作業で100%除菌できませんね。
それがリスクになります。
多機能還元水の場合は、菌やウイルスを殺したり不活性化させるのではなく、物理的に除去する率を上げるものなのでそういった問題が起こりません。
空気に置き換えれば換気をしているのと同じことですね。

我々ビルメン業界では空調や換気扇など、空調設備の専門家でもあります。
部屋の換気量なども計算し、プロとしてどうすべきかお客様に示していきましょう。
顧客が必要としているのは、どんな業務であれ、作業する人ではなく、専門家なのです。
多機能還元水は病院でも多く使われています。
正しい知識で正しい管理を行っていきましょう。
2020年10月22日 10:00

nano+検索はこちらから