ビルメン業界のプラットフォームnano+

清掃業界のプラットフォーム「nano+」
最幸の現場体験を皆様に

お問い合わせコーナー リビルトのナノバブルアダプター

ナノバブルアダプター
リビルトのナノバブルアダプターについて,お問い合わせを頂くことが増えたので,こちらで回答させて頂きます.


以前レンタルで出していたナノバブルアダプターでこまでは価格表にレンタルと買取がありましたが,
リビルトはレンタルで半年に1回,必要な部品の交換や内部のメンテナンスを行って出荷していたものを,同じようにメンテナンスと必要な部品の交換を行って出荷するものです.
内部の洗浄を行って部品の交換と組み立てを行い,性能テストを行っています.
現在は分解して,多機能還元水500倍に一晩漬け込むことで誰でも簡単にシリカスケールが除去でき,一部の方を除いてほとんどの方がレンタルから買取に移行頂いたので,この度完全にレンタルをやめてしまいました.
正直新品で組み立てる方が,手間はかかっていませんが,中古ということもあり,メンテナンスのコストを入れても安くなっています.
車のパーツでも,そういったリビルト品がありますが,元々レンタルで出していたものですから,同様に性能や耐久性では新品と変わりません.



ナノバブル水の効果
浸透がよくなるので洗浄液の反応時間が短くなり,同じ反応時間であれば減膜量が増やせます.
多機能還元水の能力が高いので,通常の洗浄での体感できる人は少ないかもしれませんが,ワックスの剥離性オスでは大きく差が出ます.
カーペット洗浄やガラス洗浄,ハウスクリーニングやエアコン洗浄でも差が出ます.
洗浄力も上がり,汚れやワックスの再付着も減って,多機能還元水もそうですが,剥離で使用すると汚水がドロドロにならずサラサラの状態で剥離作業を進めることができます.
大幅な減膜を目的とする浸透剤(仮)の用途を考えるとその特性は必要なものです.
また浸透剤(仮)は非常に安定して水に溶けにくいものなので,普通に希釈しても安定しにくく,ナノバブルの泡で包んで安定させる必要があります.
それでも80%までしか安定しないので,ひしゃくで混ぜながら塗ることをお勧めします.
これにはモップをペール缶に入れて塗るという業界の悪習慣の修正にも役立っています.
水道水と比べると脱脂効果が上がるのも一つのポイントかもしれません.



排水設備の負荷軽減
ナノバブル水の最大のポイントは,水の中に安定して空気を含んでいることで,溶存酸素量が多いことから,好気性バクテリアの活動が活発になり,グリストラップや浄化槽の汚泥分解のスピードが上がることです.
そういった排水設備に曝気装置(水槽のブクブク泡の出るポンプみたいな大きなもの)が取り付けられており,水中に空気を入れようとしますが,水に空気を溶かすのは難しく,空気の泡は大きくなって浮かんで消えていきます.
ナノバブルにすることで空気を安定的に含んだ水ができ,以前の研究では,ここにオゾンだったり水素だったり,様々な気体を吹き込んで研究をしたこともありました.
元々は気体を水中で安定させる技術で,その気体によって効果は変わりますが,我々の業界では元々水中に含まれている空気をナノバブルにするだけでも現場での効果は十分となっています.
排水設備の場合は,さらに酸素を増やしてやるとそのメリットは大きくなります.
排水設備には,酸素量が多いところを好み,酸素を消費して分解を行う好気性バクテリアと,酸素量が少なくても活動できる嫌気性バクテリアがいて,好気性バクテリアは汚泥の分解を行う際に酸素を消費し,二酸化炭素と水を排出します.
しかし嫌気性バクテリアは,分解時にアンモニアや硫化水素を排出します.
それが排水設備で嫌な臭いがする原因となっています.
ナノバブル水を定期的に流し込むことによって,嫌気性バクテリアを抑えることで,嫌な臭いの抑制をしたり,バクテリアの活動を活発にして汚泥を減らして,汚泥処理のコストを抑えることもできるのです.



使う際には
アダプターに高い水圧をかけた方が,良質の水に変わります.
その為には18mmの耐圧ホースを短めにして先にカプラーで取り付けて,蛇口を最大に開いて水を入れてください.
ホースバンドなどによる固定では外れてしまいます.
またホースが長かったり,細いホースを使用すると,圧力損失が大きく,水の量も少なくなるので,ただでさえアダプターによって水を貯める時間がかかるものが,さらに遅くなってしまいます.
なるべくホースは短めにして,18mmの耐圧ホース(ホームセンターの切り売りあり)をご使用ください.
takagi(品番G124)ホースジョイントコネクターL18mmホース対応のものをご使用ください.

ホームセンターやAmazonで売られています.



ナノバブルアダプターは
当社の製品としては,かなり古い部類に入るもので,もう8年前くらいから研究と現場での運用を行っている実績のある製品です.
新しい製品が良いかというと必ずしもそうではなく,物が良ければたくさんのデータ収集されてものの方が優れていることもあります.
お風呂の蛇口に取り付ければ,体が温まりやすいお湯を入れることができます.
多機能還元水キャップ1杯入れることで,さらに還元の軟水になり,効果が上がります.
これまで自分自身の体でも人体実験を行ってきている,手触り感のある製品と言えます.



私の研究テーマは色々とありますが
水はその中でも大きな部分を占める研究テーマです.
洗浄液の性能は,「水×洗剤」であり,多くの人が「水1×洗剤10」というように洗剤側の能力を引き上げようとします.
しかし水の能力が高くなれば,洗剤の量を減らしたり,完全にゼロにしたりということも可能で,環境にもコストにもやさしいメンテナンスを行うことができるのです.



界面活性剤フリーのメンテナンス
事実,当社の現場では既にワックスメンテやカーペット洗浄などから,完全に界面活性剤をゼロにしたメンテナンスを成立させており,そのデータを取っているところです.
こちらも水の性能向上によって行っていますが,データが十分に取れて,リリースになる場合には,事前に数カ月間nano+オンラインサロンの中で検証を行い,他の人のデータを取ってから正式リリースになる予定です.
洗浄力もさることながら,光沢復元洗浄の復元幅を増やしたり,剥離能力もさらに上ったり,ガラス清掃の純水装置が不要になったりと,様々なメリットが出せるようになっています.



情報の差別化
なんでもそうですが,他社が知らない情報を早く知っているというだけで,事前によいポジションが取れたり,早い段階から戦力の差が出るので,大きな差別化になります.
竹槍で戦争をしている時代に,機関銃を持っていれば,明らかな戦力差になりますね.
それが現代では武器でなく,情報になっています.
そういった新しい情報を早く知りたい方は是非無料のオンラインサロンにご参加ください.
他メーカーも含め,不特定多数の人が見るコラムでは書けない情報をサロンには出しており,コラムに比べてアップする資料や書き物も結構一生懸命に書いているので,それなりの価値はあると思います.

nano+を使うことが差別化ではなく,使うことはあくまでスタート地点.
検索であったり,オンラインサロンであったり,オフ会であったり,nano+のプラットフォームを使い切って,情報を得ることの方が重要なのです.
2020年10月22日 22:25