ビルメン業界のプラットフォームnano+

清掃業界のプラットフォーム「nano+」
最幸の現場体験を皆様に

【業界全体への提言】物価や人件費の変動に対応する方法

149434783_1927653367385655_8107794370116359256_o
これは先日オンラインサロンに投稿した記事ですが,業界だけでなく社会全体で考えていかなければならない問題でもあるので,コラムでも共有させて頂きます.
ぜひ皆様のご意見頂ければと存じます.
以下はあくまで私の主観ではありますが,早めにこれの考えておいた方が良さそうです.



今から近い将来に起こる大切な問題
概略はイラストにまとめており,今後というか,既に現段階で値上げ交渉ができない我々の業界にはこんなものが必要なのではないかと思っております.
現段階では分からないことが多いのですが,今からこの問題を考えていくことも必要ではないかと思っております.
燃料サーチャージというのをご存知でしょうか?
航空運賃や運送会社の運賃には燃料サーチャージ,つまりは燃料価格の増減分を通常の運賃とは別にプラスして設定することで,電気代だと燃料費調整額とも言います.
我々の業界にもこれは必要なのではないだろうかと最近考えております.
それを思いついたのは,業界の未来予測の話というより,世界の未来予測の話です.



近い将来
ベーシックインカムが何らかの形で導入されます.
政府から毎月一定額のお金が払われ,最低限の生活ができるようになるというやつですね.
国によってその形や金額は大小あるかもしれません.
そうなった時に我々の業界はどうなるのかなと.
例えば月10万円や20万円払われるとどうでしょう.
日常清掃の時給は,地方では900円前後くらいでしょうか?
飲食店やコンビニ,スーパーなども同様だと思います.
間違いなく働く人がいなくなるでしょうね.
その時にどうやって会社を維持して,仕事を回していくかって重要な問題ではないでしょうか?
単純に人件費を上げればとは思いますが,どんどん上がる物価や人件費について都度値上げ交渉が必要になります.
顧客も大変ですが,交渉する人にも精神的に優しいものではないですね.
我々メーカーにしてもそうですが,洗剤やワックスのような化成品も,原油などを原材料として,人が加工し,運搬していますので,当然原価が変動します.
そのように物価変動しますので,おそらく働かなくても生活していけるという世の中にはならないのだと思っています.
そういったことを踏まえて,業界全体の取り組みとして,「物価・人件費スライド」を行っていく必要があるように思えます.
現在の価格に対して,変動した化成品の物価と人件費の変動させていかないと,最初は特定の業界のみでインフレが起こってしまい,人手不足になるのです.
他の業界は,インフレが起きた業界の余波を受けてからという感じでしょうか.

この1年で世界は大きく変わります.
ぜひ皆様のご意見お聞かせください.
2021年02月26日 10:00

nano+検索はこちらから