ビルメン業界のプラットフォームnano+

清掃業界のプラットフォーム「nano+」
メンテナンスに未来をプラスし
文化的価値を持たせ、アートに昇華させます

ホーム開発者コラム ≫ 地球的・宇宙的なモノの見方 ≫

地球的・宇宙的なモノの見方

iu
お前の為にチームがあるんじゃねぇ
チームの為にお前がいるんだ‼︎

というスラムダンクの一コマ。


我々生物という観点から見ると、自分自身の為に地球があるのではなく、地球の為に自分自身がいるんだ‼︎
ということになります。
そもそも地球環境が悪くなれば、住むところが減っていきますし、食料や資源も確保が難しくなります。
だからこそNWOや国連はSDGsなんてやったり、人口削減なんかをやっていたりしますが、そんなことをしなくてもちゃんと地球環境のことを考えれば問題なんてないのです。
つまり地球の環境を考えずに生きていたり、仕事をしている人は要らないのです。



これを拡げていくと上記のようにすごく大きな話になってしまい大変なので、現場レベルに話を絞って進めていきます。
現場作業をする際に、地球環境のことを考えて作業をしているでしょうか?
極端な話ですが、作業しないことが1番環境に良いのですよ。
電気も水道も使いませんし、現場までガソリンを焚いていくこともありません。
そして作業するにしても、多機能還元水で洗浄するだけなら、界面活性剤を使って洗ってワックスを塗ったり、剥離してワックスを塗るより環境に優しいですね。
今後はこれまで以上に地球環境を大切にする動きが進みます。
世界的や政治的な施策というより、そういったことを重視するという価値観が強くなる時代になっていきます。
これまでの不勉強な掃除屋さんの、排水であったり、環境負荷の高いケミカルだったり、そういったものはどんどん制約を受けるようになっていきます。
汚れを落とすのが仕事なんだから、落とせばいいのよなんていうのは素人。
どう安全なもので落として、安全に状態で排水できるかが大きなポイントです。



多機能還元水+スチーマー
インスタでユーザーさんが投稿されていましたが、レンジフードの清掃で多機能還元水+スチーマーを使うことで効率化ができるという話です。
このホームページには「洗浄の方程式」をアップしていますが、「温度」の部分を上げることにより、界面活性剤を使わず、作業の効率化を図るということですね。
反応時間の短縮だけでなく、固形になった油を液体にして落としやすくして落としているとも言えます。
洗浄の方程式と言っていますが、これはごく単純な自然の法則なのです。



また自然の摂理に基づいた現場の結果
清掃は化学なんていう人もいますが、そんなことはなく、以前コラムにもそういった話を書きましたが、様々な学問を複合的に必要としており、私も様々な分野の勉強や研究を同時に行っています。
天ぷらは人間の5感を使った総合芸術なんていう表現をしますが、清掃やメンテナンスという仕事もまさにそうで、5感と様々な知識を使った総合芸術であり、そういったことから私は自分の現場を「アート」としています。
人それぞれの価値観でもありますが、アートと言えるほどやり込むには、この仕事に関わる自然の摂理を知っておく必要があるのです。


我々にはまだまだ課題がたくさんあります。
ひとつずつ課題を解決して、地球環境を良くしていきましょう。


---ここからはオンラインサロンのみの投稿です---


 
2021年06月17日 10:00

nano+検索はこちらから