ビルメン業界のプラットフォームnano+

清掃業界のプラットフォーム「nano+」
メンテナンスにアートをプラスする

世界初の量子フロアメンテナンスシステム(QFS)

ホーム開発者コラム ≫ 【注意喚起】触媒付きGELバッテリー搭載T2の取り扱い... ≫

【注意喚起】触媒付きGELバッテリー搭載T2の取り扱いについて

IMG_0223
現在当社では、テナント社製の洗浄機のバッテリーに純正より大型の触媒付きGELバッテリーを搭載し、稼働時間を伸ばすということを進めております。
納品時にも説明させて頂いておりますが、T2の場合は、バッテリーの高さが高くなり、配線やカプラーがタンクやバキュームモーターと干渉する為、↑写真のようにタンクを開けたまま使用するよう搭載当初より推奨しております。
開けずにバキュームモーターを回すと破損の恐れもありますから。
これにより排水もしやすくなるメリットがあります。
また充電中は、バッテリーが熱を持つ為、タンクの蓋は開いて充電することとなっています。
これを守っていないと、配線がタンクに干渉して微細な断線が起こり、電気抵抗によって熱を持ち、最悪出火ということにもなってしまいます。

お使い頂いている現場の管理者の方には再度現場での使用状況や作業される方への確認頂くとともに、これはヒューマンエラーでしか起こりえない事故ですので、それ自体を防ぐ対策をお願いしたく存じます。
これは実際に当社の現場でもあるのですが、現場をタンクの蓋を上げたまま車に積み込み、倉庫に戻ってそのまま充電をかけたが、移動中の振動でタンクが閉まっていたこともあります。
つきましては、写真のようにゴムなどを貼り付け、スタンドが外れても蓋が閉まらないようバックアップを取って頂くようお願い致します。
当社の使う洗浄機も2箇所バックアップを取っています。
ちょうど良さそうなものがなく、とりあえずゴムを切って貼り付け重ねています。

ナノプラスを導入頂いている方は洗浄機も丁寧に扱われているので、そんなことはないとは思いますが、念の為確認をお願い致します。
2021年09月10日 12:42

nano+検索はこちらから