ビルメン業界のプラットフォームnano+
 

フロアメンテナンスシステムnano+に量子技術をプラスし
【世界初】量子フロアメンテナンスシステム(QFS)へ進化しました
水の技術の応用した姉妹品Bath+もご好評頂いております

ホーム開発者コラム ≫ メンテナンスにアートをプラス ≫

メンテナンスにアートをプラス

労働でなく価値の上がる作品創り


以前オンラインサロンのネタに書いたことがある話で、コラムでも少し触れたことがある話ですが、仕事の本質についての話です。
我々の業界では、大きく分けると、メンテナンス・清掃・代行の3つに分類されています。
そしてナノプラスでは、メンテナンスを目指すという方針で進めています。
それには理由があり、
・継続的なものであるから安定し、設備投資がしやすいことで収益性も上がりやすい
・作業した時だけ綺麗でも意味がない
・メンテナンスは生産性の上限が高い
などなどの理由があります。

そしてそれをさらに突き詰めていくとアートになるというのがこの1年でわたしが出した結論。

「労働でなく価値の上がる作品創り」

というのが大きなテーマです。
おそらく現時点でこの意味がわかる人はほとんどいないないかもしれません。
定期的なメンテナンスによって、手を入れることが減っていき、物件価値が上がっていく。
そのレベルになると美観は高いレベルで変化がないので、顧客にとってもその価値が上がっていく。
それをさらにアートのレベルに高めていくのが量子フロアメンテナンスシステム。
その土地や建物、人、空間のエネルギー上昇(※熱エネルギーではありません)によって、その場所をパワースポットに変えてしまいます。
パワースポットを作ってしまうなんて、もはや芸術と言えますが、実はこれは可能です。

現在の地球上の文明ではこれを科学的に説明することは非常に難しいでしょう。
わたしのような特殊な訓練を続けた能力者でないと知覚はできないかもしれません。
しかし知覚できなくても、神社がパワースポットであるように、誰にでもその効果はあるのです。
自宅や事務所、管理する物件がパワースポットになっていくとしたら、この仕事は非常に素晴らしい世界の貢献できるやりがいのある仕事だと思いませんか?
もう掃除して綺麗にするだけという時代は終わります。

あとは皆さんの認識と意識の上昇すればすぐに量子フロアメンテナンスにシフトしていきます。
・完全に界面活性剤ゼロのメンテナンス
・UAコーティング、UAフィニッシュLの耐久性がこれまでの3倍に向上
など、他にも様々なメリットがあり、業界の30年〜50年ぐらい先の技術と言えるかもしれません。
今の意識レベルだと、わたしが意味のわからないことを言っている頭のおかしい人になってしまいますので、一定の条件を満たし、この人なら可能という人には既にこの2週間で各地に行き個別に研修を行って、運用をスタートしております。
もちろん科学的に解説できる資料も研修しながら作成と内容の充実を図っているところです。
早く意識の向上がなされるようコラムの内容も色々と考えているところです。

多くのナノプラスユーザーさんがこれを使えるようになった時に、メンテナンスをする人からアーティストの集団になっていくのだと思います。
アーティストは単価も言い値ですから、ビジネス展開も楽になり、顧客も選べるようになります。
そうすれば嫌な仕事を引き受けることなく、好きな仕事だけをしていれば良い世界になっていきます。
そう遠くない将来、ナノプラスを使う人がそうなっていると確信しています。
意識が新しい時代の価値観にシフトできれば、量子フロアメンテナンスを使うことはさほど難しいことではありません。
2021年11月01日 10:00

nano+検索はこちらから