ビルメン業界のプラットフォームnano+
 

フロアメンテナンスシステムnano+に量子技術をプラスし
【世界初】量子フロアメンテナンスシステム(QFS)へ進化しました
水の技術の応用した姉妹品Bath+もご好評頂いております

  • 名称未設定.001

ホーム開発者コラム ≫ 続 視点の持ち方 ≫

続 視点の持ち方

視点の持ち方の具体的な話です。
食べるものを選ぶ時に、
・量や味多いので選ぶ人
・体に良いから選ぶ人
・体と精神に良いから選ぶ人
とレイヤーが1つずつ増えていきますね。
これ最後には、水分を摂るだけでほとんど食べないという選択肢に至っていくのです。
実際にわたしは食べても食べなくても良くなっていっているので事実であり、認識の変化と訓練によって食べ物以外からエネルギーを得ることもできるようになります。
空間や土地からエネルギーを得ることができるので、まさに霞を食べて生きるという時代です。
嘘のような話ですが本当の話です。
食べることもあるのですが、エネルギーを得る為ではなく、ただ食べる楽しみという意味でしか食べていないのです。


現代の食品は添加物や農薬まみれで偽物の精製塩や白い砂糖によって汚染されています。
体に良いものを選ぶ視点を持っている人は、極力ここを避けるので、コンビニ弁当なんて食べませんし、お菓子も食べたり、清涼飲料水も飲みませんね。
さらに霊的精神的に良い食べ物と悪い食べ物もあります。
わたしが肉食をやめたのもそれが一つです。
1人で焼肉を20人前食べるような人間だったのが嘘のようと言われますが、視点の持ち方が変わり、意識の持ち方が変われば変わるものです。
ビーガンなんて、ベジタリアンなんてと、バカにする人もいるでしょうが、5次元以上の認識を持ってそれを取り組んでいる人はそれだけ精神性が進化していてなかなか凄いものです。
分かりやすい感覚で言えば「大人」ですね。
この話をすると「我慢して辛くないですか?」とよく言われるのですが、我慢して食べていないのではなく、食べたいと思わないから食べていないだけなのです。
それが意識の広さであり、多次元意識の一部なのです。


今回は食べ物の話で例えましたが、全てのことにおいて、3次元的認識で物事を見て判断するのと、さらに多次元的認識で物事を見て判断するのは情報量も違います。
我々はまさに今その訓練をしているのです。
仕事の全然関係のない話のようですが、実はこれ量子フロアメンテナンスにも関係性のあることなのですよ。
意識の拡張ができない人には量子フロアメンテナンスを行う上で1番必要なエネルギーの認識や知覚ができませんから。
そして現在の5感(視覚・味覚・聴覚・触覚・嗅覚)に加えて必要な感覚になってくるのです。
とはいえ、エネルギーと一口で言っても色んな種類のエネルギーがありますので、それを増やしていくことを多次元を認識するということなのです。
2022年05月09日 05:55

nano+検索はこちらから