ビルメン業界のプラットフォームnano+
 

フロアメンテナンスシステムnano+に量子技術をプラスし
【世界初】量子フロアメンテナンスシステム(QFS)へ進化しました
水の技術の応用した姉妹品Bath+もご好評頂いております

  • 名称未設定.001

ホーム開発者コラム ≫ 量子フロアメンテナンスによるパワースポット創造 ≫

量子フロアメンテナンスによるパワースポット創造

パワースポットが好きな方は多いと思います。
しかしパワースポットのパワーってなんなのでしょう?
そもそもそのパワーを認識できているのでしょうか?
そのパワーとはいわゆるエネルギーのこと。
そのエネルギーも一口にエネルギーと言っても色々あるので1種類ではありません。
パワースポットが好きな人は、何が良いかが自分自身でも説明できないけど、パワースポットと呼ばれるところに人は本能的に集まるのです。
前回「続 視点の持ち方」のコラムでも書きましたが、これは5感では認識できていませんし、現代の科学レベルでは説明できないのです。
しかしそれ以上の感覚で感じているのだとしたら説明は簡単です。
認識できていない無意識な領域ですが、それは訓練によって認識することは可能だったりします。

量子フロアメンテナンスではその普通の人が認識できないものを論理的に実際に行っていくことによって、管理する現場をパワースポットに変えてしまいます。
これは才能ではなく誰でも持っている感覚なので、学んで認識を持てば誰でも使うことができるのです。
管理物件をパワースポットをすることで、お客さんは無意識に集客されるというチートな効果があります。
簡易的に立証の仕方ですが、飲み屋さんのあるあるですが、お店にエネルギーの高い人がいるとどんどんお客さんが集まって満席になる「満席の神」なる人がいます。
わたし自身もそうですが、体調の良い時と悪い時のエネルギーの差は大きく、体調の良い時の満席の神効果は高い訳です。
つまりは自分自身がパワースポットになっているということですね。
それをフロアメンテナンスと組み合わせて行うというのは既に運用を開始しています。
建物のエネルギーにおいて床の状態はかなり重要な要素になってきます。
それは作業において別途行うことだけでなく、何をどう使ってメンテナンスをするかも含め関連性があります。

そしてこれができるようになる最大のメリットは、自宅や事務所もパワースポット化することができます。
パワースポットというのはそれだけ他よりエネルギーが多く受け取れますから、量子力学的に言えば運気が上がりますし、より健康的な生活が送りやすくなります。
家や事務所から出なくてもパワースポットにいる訳ですから、より普段から快適に過ごせるようになります。

こういった話はなかなか現代では理解され難いのですが、現代でも大手財閥系企業はこういったことを理解して事業展開をしています。
そして貴族というのも血統というだけでなく、元々こういうものに長けていたから貴族なのです。
もっとも現代では他に使わせないように迷信!非科学的!と表向きには言っていますが・・・
つまりはそういった否定されている非物理的なものの方がより価値があるということなのですね。
2022年05月16日 05:55

nano+検索はこちらから