ビルメン業界のプラットフォームnano+
 

フロアメンテナンスシステムnano+に量子技術をプラスし
【世界初】量子フロアメンテナンスシステム(QFS)へ進化しました
水の技術の応用した姉妹品Bath+もご好評頂いております

  • 名称未設定.001

ホーム開発者コラム ≫ 図形はエネルギーを生み出す① ≫

図形はエネルギーを生み出す①

シール黒
パワースポットやエネルギーなどと言ってもなかなかピンとこないかもしれません。
しかしそれは量子的なエネルギーとして存在しており、人間が超音波やWifiの電波を見たり感じたりできないように、見たい感じたりできませんが存在します。
パワースポットと呼ばれる場所に人は集まります。
しかしそのパワーというエネルギーを見たり感じたりしている訳ではありません。
それでも無意識的に人はそこに吸い寄せられるのです。
つまりは人も肉体と靈体によってできているエネルギー体なので、エネルギーを無意識で求めているのです。
そういったエネルギーに影響を受けていますから目に見えない電磁波の影響も受ける訳で、スマホの電源を切って寝るだけで睡眠の質は変わります。
そしてそのエネルギーは訓練によって知覚することもできれば、使うこともできるようになるのです。
それを実際にやっているのが量子フロアメンテナンスですから、このコラムでもそういった目に見えない力の話をしている訳です。


そして今日は図形とエネルギーの話ですが、これは量子力学の世界では常識的なことであり、日本でも昔から使われてきているものです。
陰陽道では五芒星、神社でも六芒星を掲げる神社があります。
そして中国の古い文化では、八角形が使われており、家の形やチャーハンの器にも使われていますね。
丸いお皿と八角形のお皿にチャーハンを盛り付けるのでは味が変わります。
図形にはエネルギーを生み出す効果があることが分かってきます。
わたし個人のSNSを見られている方は、先日講演会で使用した水とエネルギーと世界線についてアップされた資料を見られたかもしれません。
あと資料は講演の題目のようなもので使いましたが、有料でも良いくらいの内容でした。
量子フロアメンテナンスを本格的にやる際にはあれ以上の内容を行っていきます。


話は図形に戻りまして、先日↑の画像のようなシール(エネルギーアートと呼んでいます)を多機能還元水やBath+のキャップに貼って出荷をはじめました。
シール単体でも他製品の注文時のみ対応する形で販売をはじめました。
これには言靈、大和言葉、カタカムナ、黄金比など様々な要素が組み込まれており、かなり高いエネルギーを出せるようなものとなっています。
一言で言えば、それ自体がパワースポットのようなものです。
例えばコースターにこれを貼ってお茶などの飲み物を置いてしばらくして飲むと味が変わります。
嘘のような話ですが、本当の話で多くの方が実感されています。
コースターでの味の変化は分かりやすく、六芒星やフラワーオブライフなど、様々な図形で実験していますが、このエネルギーアートが圧倒的に変化量が大きいのです。
変化量が大きい→それだけエネルギーを生み出しているということですね。


すこし難しい話なので、今日はこのあたりまでにして、次回はそのエネルギーを何の為に使うかという話です。
2022年08月08日 05:55

nano+検索はこちらから