ビルメン業界のプラットフォームnano+
 

フロアメンテナンスシステムnano+に量子技術をプラスし
【世界初】量子フロアメンテナンスシステム(QFS)へ進化しました
水の技術の応用した姉妹品Bath+もご好評頂いております

  • 名称未設定.001

ホーム開発者コラム ≫ 水とエネルギーの勉強会にご参加の皆様へ ≫

水とエネルギーの勉強会にご参加の皆様へ

皆様


明けましておめでとうございます。 
本年も宜しくお願い致します。


年末年始で色んな方々と会われているかと存じますが、冬至以降これまでとはさらに違った大きな意識の開きを感じられたのではないでしょうか?

意識の違いは行きたい世界の違いですが、行きたい世界は結局は自分自身の描く行く世界のことです。

世間や周りからは色んな情報は入るかと思いますが、その行きたい世界に不要な情報はノイズでしかありません。

そのノイズによってエネルギーが操作され世界線も操作されます。

以前から勉強会でもお話ししているように感情は図形を生み出し、その図形はエネルギーを生み出し、そのエネルギーに見合った世界線へ飛ばされます。

特に最近感じるのは、ワクチンを打っていない人でもアセンション(意識や知覚できる感覚を増やして宇宙時代へ備えること)できない世界線へと別れて行っているのが目で見えるレベルで明らかになっています。

下手をすればハズレで被害がなかったとは言え、打ってしまった人で素直な人の方が結果的にアセンションする可能性が高いのかとも思ってしまいます。

その原因となっているのは、三次元的な考え方や感情のことで、目で見えるものだけで判断したりすることなども指します。

霊やエネルギーについては一部の人にしか知覚すらできませんが、見えない世界は量子なども含め多くあり、見えているもの(三次元)に誘導するというのはこれまでカバルが使ってきた古いやり方であるというのは既に皆様ご存知のことと思います。


どんな魂の経験をしてアセンションするかというのが現代の大きな我々のテーマであって、水やエネルギーの宇宙法則はそれを達成する為に必要な基礎教養知識のようなものです。

我々は長く三次元空間で生きてきましたから、物理的な見えるもので判断しがちですが、本質的にはその逆から見なければ本来見るべきものは見えない訳で、2023年はエネルギー的な視点で見ることを習慣づけられてみてください。

この世界で大切なのは過去ではなく、目標に向けて今をどう生きるかです。

過去は参考ではありますが、三次元的な過去を振り返ってもこれからの時代は何の参考にもなりません。

2023年が皆様にとって素晴らしい飛躍に一年になることをお祈りしております。


株式会社フリーダム
代表取締役 西村 成藏
2023年01月02日 22:56

nano+検索はこちらから