ビルメン業界のプラットフォームnano+

清掃業界のプラットフォーム「nano+」
最幸の現場体験を皆様に

開発者コラム

お問い合わせコーナー リビルトのナノバブルアダプター

ナノバブルアダプター
リビルトのナノバブルアダプターについて,お問い合わせを頂くことが増えたので,こちらで回答させて頂きます.


以前レンタルで出していたナノバブルアダプターでこまでは価格表にレンタルと買取がありましたが,
リビルトはレンタルで半年に1回,必要な部品の交換や内部のメンテナンスを行って出荷していたものを,同じようにメンテナンスと必要な部品の交換を行って出荷するものです.
内部の洗浄を行って部品の交換と組み立てを行い,性能テストを行っています.
現在は分解して,多機能還元水500倍に一晩漬け込むことで誰でも簡単にシリカスケールが除去でき,一部の方を除いてほとんどの方がレンタルから買取に移行頂いたので,この度完全にレンタルをやめてしまいました.
正直新品で組み立てる方が,手間はかかっていませんが,中古ということもあり,メンテナンスのコストを入れても安くなっています.
車のパーツでも,そういったリビルト品がありますが,元々レンタルで出していたものですから,同様に性能や耐久性では新品と変わりません.



ナノバブル水の効果
浸透がよくなるので洗浄液の反応時間が短くなり,同じ反応時間であれば減膜量が増やせます.
多機能還元水の能力が高いので,通常の洗浄での体感できる人は少ないかもしれませんが,ワックスの剥離性オスでは大きく差が出ます.
カーペット洗浄やガラス洗浄,ハウスクリーニングやエアコン洗浄でも差が出ます.
洗浄力も上がり,汚れやワックスの再付着も減って,多機能還元水もそうですが,剥離で使用すると汚水がドロドロにならずサラサラの状態で剥離作業を進めることができます.
大幅な減膜を目的とする浸透剤(仮)の用途を考えるとその特性は必要なものです.
また浸透剤(仮)は非常に安定して水に溶けにくいものなので,普通に希釈しても安定しにくく,ナノバブルの泡で包んで安定させる必要があります.
それでも80%までしか安定しないので,ひしゃくで混ぜながら塗ることをお勧めします.
これにはモップをペール缶に入れて塗るという業界の悪習慣の修正にも役立っています.
水道水と比べると脱脂効果が上がるのも一つのポイントかもしれません.



排水設備の負荷軽減
ナノバブル水の最大のポイントは,水の中に安定して空気を含んでいることで,溶存酸素量が多いことから,好気性バクテリアの活動が活発になり,グリストラップや浄化槽の汚泥分解のスピードが上がることです.
そういった排水設備に曝気装置(水槽のブクブク泡の出るポンプみたいな大きなもの)が取り付けられており,水中に空気を入れようとしますが,水に空気を溶かすのは難しく,空気の泡は大きくなって浮かんで消えていきます.
ナノバブルにすることで空気を安定的に含んだ水ができ,以前の研究では,ここにオゾンだったり水素だったり,様々な気体を吹き込んで研究をしたこともありました.
元々は気体を水中で安定させる技術で,その気体によって効果は変わりますが,我々の業界では元々水中に含まれている空気をナノバブルにするだけでも現場での効果は十分となっています.
排水設備の場合は,さらに酸素を増やしてやるとそのメリットは大きくなります.
排水設備には,酸素量が多いところを好み,酸素を消費して分解を行う好気性バクテリアと,酸素量が少なくても活動できる嫌気性バクテリアがいて,好気性バクテリアは汚泥の分解を行う際に酸素を消費し,二酸化炭素と水を排出します.
しかし嫌気性バクテリアは,分解時にアンモニアや硫化水素を排出します.
それが排水設備で嫌な臭いがする原因となっています.
ナノバブル水を定期的に流し込むことによって,嫌気性バクテリアを抑えることで,嫌な臭いの抑制をしたり,バクテリアの活動を活発にして汚泥を減らして,汚泥処理のコストを抑えることもできるのです.



使う際には
アダプターに高い水圧をかけた方が,良質の水に変わります.
その為には18mmの耐圧ホースを短めにして先にカプラーで取り付けて,蛇口を最大に開いて水を入れてください.
ホースバンドなどによる固定では外れてしまいます.
またホースが長かったり,細いホースを使用すると,圧力損失が大きく,水の量も少なくなるので,ただでさえアダプターによって水を貯める時間がかかるものが,さらに遅くなってしまいます.
なるべくホースは短めにして,18mmの耐圧ホース(ホームセンターの切り売りあり)をご使用ください.
takagi(品番G124)ホースジョイントコネクターL18mmホース対応のものをご使用ください.

ホームセンターやAmazonで売られています.



ナノバブルアダプターは
当社の製品としては,かなり古い部類に入るもので,もう8年前くらいから研究と現場での運用を行っている実績のある製品です.
新しい製品が良いかというと必ずしもそうではなく,物が良ければたくさんのデータ収集されてものの方が優れていることもあります.
お風呂の蛇口に取り付ければ,体が温まりやすいお湯を入れることができます.
多機能還元水キャップ1杯入れることで,さらに還元の軟水になり,効果が上がります.
これまで自分自身の体でも人体実験を行ってきている,手触り感のある製品と言えます.



私の研究テーマは色々とありますが
水はその中でも大きな部分を占める研究テーマです.
洗浄液の性能は,「水×洗剤」であり,多くの人が「水1×洗剤10」というように洗剤側の能力を引き上げようとします.
しかし水の能力が高くなれば,洗剤の量を減らしたり,完全にゼロにしたりということも可能で,環境にもコストにもやさしいメンテナンスを行うことができるのです.



界面活性剤フリーのメンテナンス
事実,当社の現場では既にワックスメンテやカーペット洗浄などから,完全に界面活性剤をゼロにしたメンテナンスを成立させており,そのデータを取っているところです.
こちらも水の性能向上によって行っていますが,データが十分に取れて,リリースになる場合には,事前に数カ月間nano+オンラインサロンの中で検証を行い,他の人のデータを取ってから正式リリースになる予定です.
洗浄力もさることながら,光沢復元洗浄の復元幅を増やしたり,剥離能力もさらに上ったり,ガラス清掃の純水装置が不要になったりと,様々なメリットが出せるようになっています.



情報の差別化
なんでもそうですが,他社が知らない情報を早く知っているというだけで,事前によいポジションが取れたり,早い段階から戦力の差が出るので,大きな差別化になります.
竹槍で戦争をしている時代に,機関銃を持っていれば,明らかな戦力差になりますね.
それが現代では武器でなく,情報になっています.
そういった新しい情報を早く知りたい方は是非無料のオンラインサロンにご参加ください.
他メーカーも含め,不特定多数の人が見るコラムでは書けない情報をサロンには出しており,コラムに比べてアップする資料や書き物も結構一生懸命に書いているので,それなりの価値はあると思います.

nano+を使うことが差別化ではなく,使うことはあくまでスタート地点.
検索であったり,オンラインサロンであったり,オフ会であったり,nano+のプラットフォームを使い切って,情報を得ることの方が重要なのです.
2020年10月22日 22:25

続 菌とウイルス

除菌関係.001
前回ウイルスの話を全くしなかったので、今回は菌とウイルスの違いと現場管理における注意点についてです。
細かいところを説明してもわかりにくいので、ざっくりいきます。
こちらの感染症対策の動画にも説明がありますので、ご興味のある方はどうぞ.


・菌
汚れをエサとして増殖する
あちこちにいて、エサを求めてやってくる
エサがないと増殖できない
→エサになる汚れも確実に除去する必要があり、時間経過による増殖も考慮した時間軸での管理が必要

・ウイルス
自分に合った体温の動物の細胞に入り増殖する
それ以外では汚れなどがあっても増殖できない
動物の細胞にたどり着かなかったウイルスは時間経過により不活性化する


つまり菌の方が時間経過で増殖するので、管理が厳重なのです。
新型コロナウイルスは72時間で不活性化すると言われているので、72時間以上その建物を使わなければ消毒などは必要ありませんね。
時間が重要なので、本来病院の清掃業務であれば、それぞれの仕事を本当に1日1回の清掃でいいのか確認する必要がありますね。
使用するケミカルによっても違います。
↑の表は、HPトップにある多機能還元水の除菌データ。
清掃後24時間経過してどうなるかがポイントなのです。
100を超えるということは、清掃前より増えているということ。
つまり1日1回の清掃ではダメなのです。
このように感染経路になりうる部分については、拭き取り試験機で1日の清掃回数を決める必要があるのです。

多機能還元水だと、24時間で48%までしか戻らないのでかなり余力がありますね。
余力のあるもの=回数が減らせる→コスト面で有利になります。



除菌作業は不要?
病院の先生で、次亜水とかアルコールは使うなと言われる方もいらっしゃいます。
菌やウイルスを殺したり不活性化(ウイルスは生物ではないので)することにはリスクもあります。
耐性菌の発生やウイルスの変異を招いてしまいます。
耐性菌ができると、医療行為を行う際に消毒が必要な状況で消毒ができないということになりますから、正しい医療の知識を持たない者がやってはならないという考え方ですね。
本当にその通りなのです。
スプレーして拭き取るという中途半端な除菌作業で100%除菌できませんね。
それがリスクになります。
多機能還元水の場合は、菌やウイルスを殺したり不活性化させるのではなく、物理的に除去する率を上げるものなのでそういった問題が起こりません。
空気に置き換えれば換気をしているのと同じことですね。

我々ビルメン業界では空調や換気扇など、空調設備の専門家でもあります。
部屋の換気量なども計算し、プロとしてどうすべきかお客様に示していきましょう。
顧客が必要としているのは、どんな業務であれ、作業する人ではなく、専門家なのです。
多機能還元水は病院でも多く使われています。
正しい知識で正しい管理を行っていきましょう。
2020年10月22日 10:00

浸透剤(仮)リリースのご案内

名称未設定.001
先般よりオンラインサロンメンバーさんに協力頂き検証を行ってきました,浸透剤(仮)ですが,十分なデータが収集できたことからリリースとなりました.
(仮)となっているのは,製品としては100%完成し,どのくらいの安全性かも分かっているものの,様々な可能性があり,使う上まだ未知の部分も多いことから(仮)をつけています.

浸透剤(仮)は洗浄でワックスの減膜量を増やすことができ,nano+クリーナーより作業の難易度が上がりますが,500倍希釈でも大幅な減膜量を出すことができます.
20倍希釈まで濃くすると剥離剤のように機能し,希釈液は中性域の為,リノリウムの剥離作業までカバーすることも可能です.
素材を痛めないことに関しては,多機能還元水の研究などからも培った知見があり,安全な洗浄や剥離が行えます.
またさらに新しい洗浄理論で,これまで多機能還元水では十分でなかった油汚れや水垢にも非常に効果的なアイテムとなっています.
酸やアルカリ,界面活性剤という常識を無視して多機能還元水は汚れを落としますが,もう一軸違う理論も使うことで,さらにレベルの高い洗浄が行えます.
詳細はこちらの資料浸透剤(仮)ゆっくり解説動画から確認頂けます.



本日より予約の受付を開始致します.
発送は12月初旬を予定しています.
また浸透剤(仮)に必要なセットとして,浸透剤(仮)スターターセットを設定しました.
・浸透剤(仮)2L
・浸透剤(仮)2Lボトル
・浸透剤(仮)希釈ポンプ
・リビルトのナノバブルアダプター
がセットになっており,送料込みで税別20,000円で,既に他のスターターセットを購入された方も,こちらは別で1社1回限りの購入が可能になっています.

リリースに合わせて本日より価格表の改定を行いました.
これまでとフォーマットが変更になっていますが,使用方法は変わりません.
またBASEやAmazonについても,商品登録を進めていきますので,ご確認ください.

ぜひお試し頂ければと存じます.
2020年10月21日 12:58

インスタリンク #洗浄ワックス #ワックス #コーティング #UAコーティング #病院清掃

リンクはこちら

病院でも患者さんが通らないところは通行止めせずに光沢復元洗浄。

→スワイプ
洗うだけでこの通り。

→スワイプ
10時半に仏さん来るよと警備のおじさんに言われたものの、あまりに汚なかったので、契約外でお金はもらえないけど、霊安室も洗ってあげた

→スワイプ
看護師さんの控え室やらリネン室やら、調理室やら、搬入口だったりするけど、常時歩行してもらいながらの光沢復元洗浄。
どのみち歩行を禁止しても通る人はいるので、滑るようなもので洗うことが事故の原因としか思えない。

#nanoplus 
#ナノプラス
#フロアメンテナンス
#フロアメンテナンスシステム
#定期清掃
#日常清掃
#ワックス清掃
#床ワックス
#洗浄ワックス
#床メンテナンス
#床洗浄
#床洗浄ワックス
#光沢復元洗浄
#剥離清掃
#ワックス剥離
#剥離なし
#リコート
#カーペット洗浄
#カーペットメンテナンス
#清掃業
#ビルメン
#ハウスクリーニング
#洗剤
#病院清掃
#ビルクリーニング技能士
#均質化
#badass
#floormaintenance
#floorfinishing
#floorwax
 
2020年10月19日 23:59

菌とウイルスの話

雨が続くと、気になるのは洗濯物の生乾きの嫌な臭い。
現場で使うタオルなんかもそうですね。
人間が嫌な臭いと感じるのは、身体が「これは危険かも」と感じている合図。
なので、嫌な臭いだねと済ませてはいけないのです。
嫌な臭いの原因は菌の繁殖。
なので、生乾きの臭いを防止する除菌洗剤なんかも販売されていますね。
しかし菌の繁殖を抑えても、菌の繁殖の原因を抑えないと衛生的には宜しくないのです。



 

その原因はずばり、「汚れが落ちきっていない」




そもそも洗濯機に入れておけば綺麗になるという考え方が常識ではありますが、それが大きな間違いなのです。
あとは乾燥時間が長くなると、菌もたくさん寄ってきますね。



 

菌の繁殖

菌も動物や人間と一緒で、エサがないと繁殖できないのです。
エサとは「汚れ」
汚れが落ちきれていないから、菌が繁殖し、嫌臭いが出て、菌が繁殖しているということは、衛生的にも宜しくありません。
洗濯機で汚れは落ちないのです。
汚れの頑固さや種類もそうですが、根本的に汚れの量と洗濯機で使う水の量のバランスが取れておらず、圧倒的に水が足りないのです。
特に節水傾向、節約志向な世の中ですから。



 

少し話は逸れますが

最近の自動床洗浄機は洗浄水を絞る傾向にあります。
給排水を減らし、時間当たりの面積を稼ぐ為にそのような設計となっています。
テナントにもech2oという、マイクロバブルと電解水のシステムがありますが、それ自体の発想は良いものの、水量が足りないので当社では使用しないことをお勧めしています。
汚れに対する水の量が全く足りないので、ech2oをオフにして水量を最大で使ってもらいます。
特に最近のAI搭載のマシンは、給排水をせずに2時間程度動く前提の為、水を絞りがち。
しかし汚れの量が多い食品スーパーでは水が足りないので汚れが落としきれず、汚れが溜まっていく傾向にあります。



 

話を元に戻します

ます洗濯機に入れる前にあらかた汚れを落としておく必要があるのです。
床であればダスターをかけたり、カーペットでアップライトをかけるのと同じですね。
あとお湯を使わないと落ちない皮脂汚れもあります。
洗っても取れなかった皮脂汚れは蓄積していき、服自体が臭くなってしまいます。
汗をかいたときに嫌な臭いを感じるのは、蓄積した洗濯洗剤と汚れが最大の原因。
菌の繁殖スピードが早くなりすぎるのです。
新しい服ではそうそう臭くならないのです。
そして衛生的に問題があります。


蓄積した界面活性剤は除去が大変
こちらも毎日の洗濯で実験しましたが、完全除去するのはかなり大変なのです。
そりゃカーペットで洗剤を使ったら残留するので、それを抜くのは大変なのです。
多機能還元水の希釈が250倍以上の濃さなら、残留して固着化した界面活性剤が反応して除去できる状態になります。
洗濯物も洗面器に10プッシュくらい多機能還元水を入れて、熱湯で10分ほどつけ置きして洗うとかなり除去できます。
それでも1回では取り切ることは不可能ですが。。。



 

どうやって洗濯物を洗うか

まず洗濯機に入れる前にお風呂に入った時に洗面器にお湯と多機能還元水2プッシュを入れて、手で揉んで一度洗濯物を軽く洗って、すすぎます。
それから洗濯機に入れて脱水をかけて、通常の洗う→すすぎ2回→脱水をして下さい。
といいますか、洗濯機で洗わなくても綺麗になってしまいます。
この多機能還元水2プッシュ洗う絞るを2回して、お湯で2回すすげばだいたい洗濯は終わります。
(すすぐお湯に多機能還元水1プッシュがオススメです)
私が最近家が必要ないと感じる理由の1つで、多機能還元水を使って洗面台で洗濯ができてしまうので、洗濯を気にせず何泊ホテルで生活できてしまうのです。
洗いきった洗濯機は干しておけば、朝までに乾き、除菌洗剤を使わずとも嫌な臭いもすることがありません。
急ぎの場合は、ドライヤーを使うと早く乾きますね。



 

現場の洗濯物も同じことが

現場の洗濯物が臭う会社は、管理が甘いとも言えます。
ちゃんと汚れを落とし切っていれば、嫌な臭いはしません。
そして、汚れを落とすこと、汚さないことを職業としている自分自身も無臭にこだわっていて、友人やお客様からも色んな意味で無臭よね。とも言われます。
生活臭がなく、臭いもしないので、生きていないのではないかとよく言われますが、これは自分の健康を守る為。


ウイルスの話を書き忘れたので、次回はウイルスと菌の違いです。

2020年10月19日 10:00

楽しいかどうか?

先日ある人のSNSで、ソーシャルディスタンスされた夏祭りという話題がありました。
祭りの屋台にスーバーボールすくいがありますが、スーパーボールが洗面器のようなものに小分けされ、その洗面器がソーシャルディスタンスされている中で、それぞれがボールをすくうという、なんとも微妙な絵面に笑ってしまいました。


 
それ楽しいの?



厚生労働省が発表している通り、新型コロナウイルスはただの風邪です。
新型とついているのは、元々コロナウイルスというウイルスはいるのです。
要はその新型が出てきて、それが人工物だったという話。
ウイルスなんて変異するものなので、インフルエンザや風邪がいつまでもなくならないのと同じで、だからどうなの?という話なのです。
YouTubeにupすると消されてしまうやつです。
そして亡くなった方の平均年齢は、平均寿命とほとんど変わりません。
マスコミによって世論操作されているから今の状況になっているのいるのですね。
という話はテレビや新聞に流れることはありません。
良かった面があるとすると、みんなが手洗いを徹底することで、インフルエンザや風邪にかかる人が減ったことでしょうか。。。
そういった情報を総合すると、これといって特別なことをする必要はないということですね。



話が脱線しましたが、
屋外の夏祭りでそこまでするかというのは置いておいて、夏祭りって楽しいものだと思うのですよ。
楽しくない夏祭りってなんぞや?
対策するにしても、楽しくない対策はね。
楽しいかどうかってすごく大切なことだと思うのですよ。
仕事が楽しくないと、毎日が苦痛で仕方ないですよね。
人生の1/3は睡眠なんて言いますが、仕事はそれ以上の時間なのです。
だから仕事が楽しくないと幸せでないと言えるかもしれません。



我々の仕事で楽しいと思えることって、
それぞれ価値観があると思うので、自分自身の感情で話してしまいますが、
・現場でサクッと結果が出る
・作業が楽に終わる
・時給10000円という高い生産性が出せてしまう
といったところでしょうか。
頑張っても時給換算で1000円なんて修行でしかありません。
リスクを負わずにセブンイレブンでバイトしてる方がマシです。
でも色々さっ引くと時給1000円に届かない事業主の人も多いのです。
働く時間と日数が多いのでそれなりの収入にはなりますが。



よく時給10000円と言いますが
これは誰でもできるレベルの話です。
汚れにくかったり、ワックスに傷が入りにくければ、作業時間は減るので最終的にはそうなります。
日常清掃がある現場では、定期清掃をせずに管理費は頂いて、定期清掃分が全部利益というところにたどり着きます。
自分だけができることならまったく意味はないのですが、ナノプラスをはじめて1年くらいして慣れてくればだいたいそうなっていきます。




楽しくないと続かないのです
楽しくないことを続けるのは修行でしかありません。
家族のためにと頑張ることは素晴らしいことだと思います。
しかし60歳定年で年金がもらえるわけもなく、75歳くらいまで働かないといけない世の中になってきています。
あと何年修行するのかと考えると辛くて仕方ありません。
だからこそ仕事を楽しくすることが必要なんですね。
働いたら負けなのです。
2020年10月15日 10:00

9月のコラムの振り返りと追記

9月のコラムを振り返り,さらに追記して整理していきます.



3日:将来が見える事業展開を
いくら目の前の仕事があって売上になるからとなんでもかんでも引き受けてしまう人は多いでしょう.
しかしその仕事は将来につながっていますか?
目の前に開けている歩きやすい道でも,そのずっと先は崖になっているかもしれません.
しんどくても遠回りするのが必要なこともあります.
この業界がどういったルールのゲームであるかをよく考え,将来につながる仕事をしていなければ,休まず働いても決算をしてみると,その頑張りに見合う結果でないことになってしまいます.



7日:nano+は白い床が得意
黒や茶色のような色の濃いタイルは小傷で白くなってしまいますね.
白いタイルは黒ずむので管理が大変と言われますが,ナノプラスなら誰でも簡単に白い床を白いままで管理することが可能.
作業のレベルが上がれば,UAコーティングで被膜を作り,多機能還元水と3Mの黄パッドで洗うだけで,日常清掃のない食品スーパーでも1年間洗浄のみの管理ができるようになります.
光沢復元洗浄によりバフもなく,物の移動もすぐに行えます.



10日:感染症対策について
週刊ビル経営さんの勉強会で基調講演させて頂いた時の話.
新型コロナウイルスばかりに気を取られていると,他の感染症に足元をすくわれてしまいます.
正しい対策をしていればさほど恐れることはないというのと,化学的に除菌をすると,高い抽象度で見ると,生態系を破壊しており,生態系のバランスが崩れ,予想だにしないことが起こります.
こちらの資料はオンラインサロンにアップ済み.
講演にあたり,色々と勉強させて頂いた良い機会でした.




11日:他の業界を参考に
うちのお客さんが新しい事業に取り組まれる事例を元に,我々の業界に置き換えてみようという話.
団塊の世代が多く,労働人口が高齢でこの5年で大きく業界で仕事をする人口に変化があります.
若い人にはチャンスがやってきます.



14日:続 白い床の話
実は,白い床を白いまま管理できる会社が少ないことで,設計士は白い床をあまり使わないのだそうです.
あとで施主さんよりクレームを言われるのだそうです.
この10数年でウェット管理のワックス→ドライメンテ→コーティングにシフトしているように見えますが,剥離ができないコーティングに未来はありません.
UAコーティングでも10年維持することができる施工と管理の技術があれば別ですが,それができるクラスになると,施工が簡単でいざという時に剥離ができるUAコーティングでもいいということになってしまいます.
そもそも30年とか50年とか持つ必要があるのか...



17日:収支だけで決まらない現場の価値
8月17日にアップした「天王山が読めるか?」というコラムにも通じる内容.
どうしても現場ごとに利益が出る出ないで現場の価値を決めがちですが,その価値はそれだけでは決まらないのです,
いわゆるプライスレスな価値がある現場の話.
そういう現場がお金に変えられない一番重要な物件なのです.



21日:見た目は重要
以前,この業界の若い人から言われた一言「髪の色が若干明るめの方が意識高くないですか?」という一言.
まさにその通り.
でもこの業界のお客さんはおじいちゃんが多いので,あと10年20年しないとダメかもね...
作業服もそうですね.
いかにも作業着とか,それってビルメンじゃなくて工事業者の服でないかい?
↑の若者の会社はまさに工事業者の服なので,髪の色を明るくすると,ただのやんちゃな会社の人になってしまいます.
ちなみにうちの会社の制服はユニクロで統一.
普段着るのもおかしくないので,常時ユニクロです.
あと某チェーンストアの髪の色はビゲンの3番まで.



26日:感染症対策の解説動画をアップしました
9月10日のコラムの資料を使って,ゆっくりな解説を入れた動画を作成してアップしました.
動画はこちらから
元々資料で説明する物ではなく,プレゼンするものだったので,解説がないと説明が不十分.
結構長い動画になってしまいましたが,熱くなって要らぬ説明を追加して講演時間をオーバーするくらいなら,動画を流しておいた方が時間きっちりでいいのではないかと思ってしまいました.
何度発表前に練習をしても時間通りに終わることのない不思議...
ちなみにこの時の会合では,パネルディスカッションなどもあり,盛り上がりました.



28日:得意先ポートフォリオの話1/4
久しぶりの長編コラム.
長くなってしまったので4つに分けました.
事業を行う上で大切なこと.
どのようなお客さんを対象に,どのような業務をそれぞれどのくらいの割合で展開していくか.
起業してすぐはそんな悠長なことを言っている時ではありません.
しかしどこかの時点でこれをしておかないと会社の売上も利益も頭打ち.
いくら頑張っても体力と精神力を消耗していくばかりになり,疲労が蓄積したところで居眠り運転を起こしてしまったりと良くないことが起こります.
先日もナノプラスを導入された起業されたばかりのユーザーさんを話をしていたのですが,道具を揃える時は利益が出る形になるよう揃え,それに合わせて事業を展開しないと,いくら頑張って利益率が低いままの資機材で努力しても,労働時間を増やして利益を稼ぐような形になってしまうということ.
自社の事業はなんであるか,売上構成比率のバランス取り(1社で50%とかあると,1社の契約終了で会社が終わります)
とはいえ,そうなってしまう会社が多いのがこの業界.
そのリスクをお客さん側で調整するのが難しい場合,どうやってそれを調整していくかというのは,次回以降に続きます.
2020年10月12日 10:00

得意先ポートフォリオの話4/4

最後の4つめは,既存の得意先や物件について.
得意先も物件もABC評価を行いましょう.
ABC評価といっても難しいことではありません.

A評価:対応も単価も作業条件もよく手間のかからない顧客と物件
B評価:普通
C評価:Aの逆(現場での物の移動,鍵の授受や報告書などが面倒なども含む)
の3つに分類して,悪いお客さんや物件は改善するか,やめるかしていこうという話.
C評価の顧客や物件については,単価の引き上げのお願いや,作業条件の改善を求める交渉を行ってB評価に引き上げるもしくはその物件をやめるか,仕事がなくて困っている知り合いの会社を直接紹介します.
「この単価だと自社でできないので,安い会社紹介します!」というと両方から喜ばれます.
C物件しかない顧客もやめてしまいます(事業展開上必要がなければ)
Cにかけていた時間を新規の営業や,Aの顧客に当てたり,Bの顧客をAにすることに時間を使わない限り収益性は上がりません.
働ける時間が決まっているので,収益の限界は決まってしまいます.



思うように利益が出ないのは
仕事を詰め込んでいるから頑張っているはずなのに,思うような利益が出ないのです.
元々この仕事は身体でなく頭でするものなのです.
身体でする仕事は,日当だとか時給とかで縛られるので生産性が上がることはあまりありません.
生産性が高い場合は,事前に頭で仕事ができているから.
それをもう少し広い視野で見ていくと,現場だけのことを見ていてはダメなのです.



ビルメン業は目に見えない経費との戦い
例えば,同じくらいの金額と,同じくらいの質の物件をくれる2社があったとして,片方は前日に鍵の受け取りや作業後日の返却だったり,写真付きの報告書の提出だったりの手間のかかる会社とそうでない会社があった場合,ない会社の方がはるかに良い単価の仕事ですね.
そういった見に見えない経費を正しく原価計算していないから,結果的に忙しくて余裕はなくなり,利益が出ないどころか,休みもなくなり,体力も精神力も削ぎ落とされていき,作業するスタッフさんがやめてさらに追い込まれてというのは良くある話なのです.
逆に,あまり仕事をしていない会社の方が,やることを絞って無駄なく働き,将来のことを考えて勉強する時間を増やしたりして生産性を高める努力を惜しまないようになっています.


この評価で重要なのは,9月17日のコラム「収支だけで決まらない現場の価値」に書いてあること.
表面的なことで評価づけをすると失敗するのでご注意を.
その会社にとっては,例え赤字であっても絶対に守るべき物件ってのがあるのです.
2020年10月08日 10:00

10月nano+オフ会のご案内

10月のnano+オフ会は,


・10月24日(土)1830→1800〜東京都内

・10月26日(月)1800〜大分市内

※参加費は居酒屋代だけです

が今のところ予定されており,10月9日も大分県中津市でプチオフ会も開催されます.
他の地域でもご希望の方はご連絡頂ければと存じます.
ユーザーが集まることで情報交換や,仕事のやりとりなど,ナノプラスを通じて色んなものがつながっていきます.

参加ご希望の方は,インスタ(@nanoplus2006)のDMもしくはお問い合わせフォームより連絡ください.
お一人で参加される方もたくさんいらっしゃいます.
既にナノプラスをお使いの方も,まだお使いでない方でもご参加頂けます.
ほとんどの方が面識のない方ばかりです.

皆様のご参加お待ちしております.
2020年10月07日 10:00

メールサーバー不具合のお詫び

本日判明したのですが,9月中旬に当社のメールサーバーの異常で,一部のメールが受け取れていなかったことが判明しました.
通常1営業日以内に返信もしくは何らかのアクションをさせて頂いております.
ご注文やお問い合わせ頂いた方もいらっしゃるかと存じますが,返信やアクションが1営業日以内にない場合は,お手数ですがインスタのメッセージもしくはHPにありますLINEのQRコードよりご連絡頂ければと存じます.

お手数をお掛けし申し訳ありませんが,宜しくお願い致します.
2020年10月05日 22:34

nano+検索はこちらから